知ってて損はない「交通事故」のはなし。②

交通事故を未然に防ぐためには…。

ひとつ、重要なのは…。車が安全な状態かどうか!!ではないでしょうか?

と、書こうと思ったのですが、「整骨院」に来られる患者さんの多くは後ろから追突などをされた際の「むち打ち」などの症状を訴えて来院されることが多いので…。

タイヤの脱輪、バッテリー上がりについて書くのもいいのですが、本当に知りたいことではないですよね…。

本当に知りたいこと!!それは…。

どうやったら、追突されないか!?などではないでしょうか?

予告ブレーキや早めのウインカーを心がけましょう。

渋滞末尾で停止するときはハザードランプを点灯しましょう。

じゃあ、逆に追突しないためにはどうしたらいいか?

脇見をしない

車間距離を充分にとる

ウインカーやブレーキはひとそれぞれ、自分とはタイミングが異なる人もいるということを理解する

もし、交通事故に「あった」もしくは「おこされた」場合のケアに関してはお任せください!!

辛いのを我慢したり落ち込まないでくださいね!!

精密検査などの必要もあるかと思いますので、一度、整形外科を受診したのち、「Ryu整骨院・鍼灸院」にお越しください。

その際には、整骨院で療養したい旨をしっかり、整形外科の先生にお伝えください。

 

今日はここまで!!

 

 

関連記事一覧

PAGE TOP